『読書の手前』

気になる本を読む前に。

【人は伝え方が9割 佐々木圭一】~人を動かすのはルールではない。感動だ。~

 

f:id:football-analyst:20210130163142j:plain

皆さん、こんにちは。

今回は前回と似た本の紹介になっています。

その本とは、『人は伝え方が9割』と言う本です。

良い言葉には理由があり、それを創り出すことができると、佐々木圭一さんは語っています。

この本は伝え方を学べるものとなっております。

この要約を読み、興味を持った方、ぜひご自身でこの本の解釈をしてみてはいかがでしょうか?

 

では要約に入っていきましょう!

 

 

伝えることを学ぶ理由

伝え方には技術があります。

 

www.syumiheya.com

 

こちらの本でも解説されていたように、人は伝えること、話し方で人生が変わっていきます。

人に好かれ、周りに人が集まることで、人生が変わるということですね。

 

この本も同様に、導入は技術を学ぶ理由を具体的に述べられていました。

SNSが普及し、多くの情報が流れる現代社会。

インフルエンサーなど、会社が発信していくよりも、『個人』が発信する情報の方が信用されやすい社会に時代が移ろっています。

その中でどのような「コトバ」が信用され、目に留まるのか。

それは『感動』を生み出すこと場です。

この方法を筆者はこの本を通して、僕たちに教えてくれています。

ではどのような言葉が感動し、そしてどのような伝え方が信用されるのでしょうか。

 

NOをYESに変えるコトバの作り方

上記したように、個人が信用されやすい社会になったことは理解してくれたと思います。

では信用されるとどうなるのか。それはNOをYESに変えることが可能になります。

もっと簡単に言うと、お願いが通りやすくなると言うことですね!

 

佐々木さんはこれには3つのステップ・技術があると述べています。

  1. 自分の頭の中の言葉をそのまま口に出さない
  2. 相手の頭の中を想像
  3. 相手のメリットと一致のお願いをする

この3つです。ここでも、『相手』を中心に考えることが重要と言うことがわかりますね。

 

ここで難しいのが、2の想像です。

この切り口についても解説を入れてくれています。

 

①:相手の好きなこと

相手の好きなこと=メリットという考えです。

例)デートして下さい!(自分のメリットのみ)⇨×

   旨いパスタ、一緒に食べに行かん?(相手の好きな事中心)⇨○

知ってても、意識してないとできないことですよね。これを試してみてはどうでしょうか?

 

②:嫌いなこと回避

逆に嫌なことを回避させるための方法です。

例)残業いやなら、今頑張ろ!

 

近い未来の嫌な事を避けるために、今〜しよ!という事です。

お風呂に入るのが面倒でも、勇気を振り絞り、お風呂に入って後悔したことなんかありませんよね?むしろ入って良かった!スッキリした!となるはずです。

お風呂に入って後悔する人は相当な変わり者だと思います笑

これと同様の方法ですね。

 

③:選択の自由

人は決断が苦手な生き物です。だから選択肢を与えることでその労力を無くす方法です。

さらに選択肢を作ることで、YES or YESに変えます。

(全てですが、その人の好みを知っておく事が重要)

例)北海道と沖縄、どっちに旅行行きたい?

 

④:「あなた」限定

これは人は話し方が9割でもあったように、「あなた」を主語にすることで、相手を認めるということです。

これは相手が寂しがり、自分好きな方に効果を発揮すると述べられていました。

例)あなたが居れば、この場が楽しくなるわ!

 

⑤:チームワーク化

人はコミュニティを大切にする生き物です。だからそれを考慮した上での方法です。

ですが、これは絶対条件があります。それは「自分もその行動を行う」と言うものです。

例を挙げると、こうなります。

勉強しよ!⇨×

一緒に勉強しよ!⇨○

 

⑥:感謝を伝える

1番効果があり、そして気持ちいい伝え方、お願いの仕方です。

例えば、「いつも大変な仕事をありがとう。今回もこれをお願いします。」と「これお願いします」では全くもって印象が変わります。

この感謝を伝えること。これは生きてく上で大切なことですね。

 

このように筆者は方法を僕たちに教えてくれています。

ですが、方法を知る前に、これが大切だと述べています。

『YESかNOはいつも相手の中に。「お願い」は相手と創り出すもの』だと。

相手を思い、気遣えるお願いが断られないということですね。

この根っことなるものは絶対に忘れたくないものです。

 

『強いコトバ』を作る技術

最後にこの技術を僕たちに教えてくれています。

では強いコトバとは何なのでしょうか。

それは、人の感情を動かす、エネルギーのあるコトバです。

先述したように、現代は情報量がとんでもないです。だから「感動」のない言葉は無視されてしまいます。いつだって目に留まるのは、エネルギーのある言葉なのです。

では強いコトバを作るにはどうしたら良いのでしょうか?

 

①:サプライズ方法

伝える言葉に驚きを含める方法

1)伝えたいコトバを決める

2)適したサプライズワードを決める

例)JR東海より。

京都、行こう。

そうだ、京都。行こう。

(サプライズワードは本書で確認して見て下さい!)

・自分が驚いた時ではなく、相手を動かしたい時に使う!

②:ギャップ方法

スタートを下げ、言いたいことにギャップを創り出す

1)最も伝えた言葉を決める

2)伝えたいこ言葉の反対を考え、前半に置く

3)前半と後半をつなげる

例)オバマ元大統領のことば

あなたの勝利だ!⇨×

これは私の勝利ではない。あなたの勝利だ!⇨○

 

・人は規則では動かない。感動で動くもの!

 

③:赤裸々方法

言葉に体温を感じさせる方法。

1)最も伝えたい言葉の決定

2)自分のカラダの反応を言葉にする

3)そのワードを言葉に装飾

例)西野カナの歌詞より

会いたい⇨×

会いたくて、会いたくて震える⇨○

 

・生命力のある言葉に!

 

④:リピート方法

1)伝えたい言葉の決定

2)繰り返す

例)

怖い⇨×

怖い、まじで怖い⇨○

 

・リピートすれば記憶に残り、感情を乗せれる!

 

⑤:クライマックス方法

強烈なメッセージ技術です。聞き手のスイッチを入れさせる方法でもあります。

1)いきなり伝えたい事を話さない

2)クライマックスワードを前におく

例)

〜すると儲けがでるよ!⇨×

ここだけの話、〜すると儲けがでるよ!

(クライマックスワードは本書でどうぞ!)

 

・聞き手の切れかけた集中を取り戻す!

 

人を動かすのはルールではない。感動だ。

本当に人が動くとき。それは心が動いたとき。

この方法をこの本では詳細に教えてくれます。

スラスラと読め、理解がしやすい本です。

ぜひ皆さんも一読してみてはどうでしょうか?


 

 

 

Twitter

のぶや (@no_11_bu) | Twitter

 

Instagram

https://www.instagram.com/football_beer_book/

 

 

 

【人は話し方が9割】

f:id:football-analyst:20210126142733j:plain

 

皆さん、こんにちは。

今回は永松茂久さん著者、「人は話し方が9割」のまとめ・感想を執筆していきます。

この本を読んでみようと思っている方、少しでも気になっている方、どうぞ最後までお付き合いください。

 


 

 

 

 

一章:自己肯定感と聞く事の重要性

一章は主に、「自己肯定感」と「聞く事」の重要性について書かれていました。

 

ではなぜ自己肯定感が必要なのでしょうか?

それはメンタルです。そう、会話でもメンタルが会話でも大事なのです。

ですが、皆さんが思っているような崇高なものではありません。

松永さんは、この肯定感を上げる方法と気持ちの持ち方について説明してくれています。

 

まず、肯定感を上げる方法。それは「全肯定」の会話を心がける事です。

自分がこれを行うと、不思議と話し相手も否定しなくなります。

これがとても重要で、否定されると「会話の自信」がなくなります。

ですが「全肯定」の会話だと、自信が生まれます。(失った自信が取り戻される)

筆者も述べてます。

『会話で失った自信は会話で取り戻すしかない』と。

だから全肯定の会話は非常に大事なのです。

 

自信の取り戻し方を理解した上で話す上での3つのコツを紹介してくれています。

  1. 否定禁止
  2. 笑顔で頷く
  3. プラストーク

の3つです。全肯定に繋がるのですが、これを具体的に行う事で否定の無い空間を作り出します。これで相手も自分も否定の無い関係を作り出します。

 

そしてもう1つ。それが「聞く事」の重要性です。

突然ですが皆さん、人間関係を築く上で大切な事って何かわかりますか?

それは『人柄』『物事の見方』『考え方』です。

この徳が高いと、会話は簡単です。でもこれが難しいから困る人が多いのです。

そこで、解決策が「聞く事」です。では聞く事に必要な事はなんでしょうか。

筆者はこう述べてます。

『相手に興味を持つこと』です。

相手を主役に、認め、理解することが聞くことに取って大事なことなのです。

 

そこで重要になるのが、「いかに聞くか」です。 

 この本では、テクニックを紹介してくれています。

  1. 顔・声・体全体の表情
  2. 拡張話法

この2つです。

具体的に2の拡張話法について触れていきましょう。

これは相手の会話に対して、

感嘆→反復→共感→称賛→質問

の順に会話を組み立てることです。

個人的に、質問が難しいのでここにも補足を加えておきます。

質問をする方法として、相手のその後を追いかける(想像する)ことで質問が自然と出てきます。僕もなるほどと感じました。

そして忘れてはいけないのが、拡張話法の最大の目的は『会話を広げる』ことです。

このテクニックを使用することが目的にならないように、気をつけてください。

 

二章:共感を呼ぶ方法「また会いたい!」に繋げる!

二章には共感を呼ぶ方法について書かれていました。

 

会話をする際、自分の気持ちを伝えることも大切です。

気持ちを伝えるために、うまく話そうと思う方が多いと思います。

うまく伝えようと、『力んでしまう』と返ってうまく伝えれません。

決して話しが上手でもなくとも、「思い」や「スタンス」を伝えることが重要です。

真意を相手のこことに届かせることができる人を本当の話し上手と筆者は述べています。

 

これをしっかりと心に刻んだ上で、共感を呼ぶ方法を教えてくれています。

①褒める方法

まずは褒める方法です。褒めるとは、相手が何を大切にし、どこを褒められると嬉しいのか、しっかりと観察することだと述べられています。

ここでも、相手を主役にすることが大事と書いてありました。

この褒める方法のテクニックとして、

  1. やっぱり
  2. 独り言

です。

「やっぱり」とはいつも思っている!という暗示的な意味が含まれます。例を上げると、「やっぱり、あなたは賢いうよね〜」という感じです。

独り言は、「ぼそっと呟く」ことです。直接褒められると、恥ずかしと感じるのが日本人。だからぼそっと呟くことで、日本文化に適応させるのです。

 

②「正しい話」より「好かれる話」

正しい話とは、自分の話たいこととここでは表現されています。この正しい話ではなく、相手が求める話、相手に役に立つ話が「好かれる話」です。相手優先で好かれる話をしましょう!

 

③名前を覚える

名前をすぐに覚えましょう!忘れないようにしましょう!ということです。

そしてすぐに名前を呼ぶことで距離を縮めることが可能になります。

(会話のはじめに名前をいれる)

 

④「あなた」を多用する

「あなた」は簡単に相手を主役にすることができる魔法の言葉です!

 

⑤「勝手に」楽しむ

人は楽しそうな人の周りに集まる性があるようです。だから面白い人の周りには、いつも人が多く集まっているのです。その根底には楽しそう!というものがあるのです。だから、いつも楽しむことで共感を産むことが可能になります。

 

⑥共通点探し

これも共感を生む上で大切です。ですが、共通点探しって意外と難しい。そこで困ったら、「食べ物」「出身地」「ペット」で共通点を探すと良いみたいです。

 

三章:嫌われない話し方

三章は嫌われない話し方について書かれています。

これがとても重要で、「好かれる」ことよりも、まずは「嫌われない」ことを選択するべきです。ここでの嫌われないとは、嫌われないように気を遣い、ビクビクするのではなく、第一印象を最悪なものにしないということです。

嫌われない話し方とはどのようなものなのでしょうか。

これは9個のことを意識すれば大丈夫なようです。

  1. 余計な一言は言わない(自分が嫌いなことでもとりあえずは相手の感情に寄り添う)
  2. 悩んでいる人にポジティブなアドバイスはいらない(悩んでいる人には「共感」と「一緒に考えよう」)
  3. 話し方に一貫性が無い(人によって態度を変える)
  4. 「でも」「どうせ」「だって」「ダメ」を使う
  5. 突っ込んだ男女関係や下ネタ(下ネタは仲良くなって、相手を知ってから)
  6. 芸人の真似事(話のオチないじゃん!という指摘など)
  7. 話しを奪う人
  8. すぐに馴れ馴れしい口をきく人
  9. 負け惜しみをいう人

この9つを意識すると嫌われることがグッと下がります。

 

四章:話す時に大事なこと

話す時に大切なことは「肯定感」と「相手を主役に」です。

この肯定感があると「安心感」が自分と話し相手にこれが生まれます。

良い会話とは「安心」から生まれます。

そして表面的な「言葉の意味」ではなく、「その奥にある感情」に焦点を当てることが大切になります。

四章はこのまとめを今一度説明してくれていました。

 

心を変えて話し方を変える

松永さんはこう述べます。

『「心」が変わると「話し方」が変わる。そうすると人間関係が変わり、人生を動かす』と。

話し方が変わると、周りにいる人が変わります。苦手な人、嫌いな人が周りから消えます。そして、人に頼られることが多くなります。これこそが、人間関係の大きな変化を与えるのです。

だから『苦手な人との会話を避け、大好きな人との時間を増やす』という結論を導き出していました。

筆者はこの本を通して、「話し方」と「考え方」を教えてくれました。

ぜひ皆さんも一読してみてはどうでしょうか?

 


 

  

Twitter

のぶや (@no_11_bu) | Twitter

 

Instagram

https://www.instagram.com/football_beer_book/

『読書の手前』〜Blogについて〜

 

f:id:football-analyst:20210126135312j:plain

 

皆さん、こんにちは。

このBlogに興味を持っていただき、ありがとうございます。

 

早速ですが、皆さんは『読書』をしますか?

こう問いかけた僕自身は、読書を全くしませんでした。

あ、これは学生時代のことです。

ですがここ2〜3年で年間50冊程度まで読むようになりました。

 

本を読むという素晴らしさ。頭で理解していても読む気力が湧かない。

そんな人は多いはずです。僕もそう感じていました。

しかしです。この気力を解消する方法があります。

それが、『先に大まかな内容を知っておく』ことです。

もっというと、ポイントを抑えておくということですね。

だから本を読む前に、『まとめられたもの』に目を通しておくだけで、スラスラと読み進めることが可能になり、さらに頭にもドンドン入ってきます。

 

このBlogでは、僕自身が本を読み漁り、面白い!と感じた本を紹介し、要約したものを更新していきます。

 

本を読む前、『読書の手前』にこのBlogに目を通して頂けると嬉しいです。

 

これから、ちょこちょこと更新していきますので、末長くお付き合いください。

 

Twitter

のぶや (@no_11_bu) | Twitter

 

Instagram

https://www.instagram.com/football_beer_book/